こんにちは、料理長の竹若です。

台風一過で日本晴れ……とは、いかずに今週も曇りや雨の日が多いようです。

大阪のある小学校の運動会は週末が雨続きで、3週間も延期されてしまったとか。

とにかく寒い冬が来る前に、秋を満喫したいですね。

そんな思いを込めて、今回は食欲の秋にピッタリな、ほうらいのメニューでも昔から人気のメニュー黒酢入り酢豚を紹介します。

通販サイト「食い福」でも一番人気のこの商品、こだわりが違います。

まずは、素材については……

さらに、中華料理のコックとしてこんなことに気を配っています。

 1.鮮度と赤身の付き具合を見て、バラ肉のブロックを目で選ぶ。

 2.骨肌の部分と余分な脂をはずす。

 3.串で突いて、味の浸透をよくする。

 4.肉の繊維に合わせて断面を広く取り口当たりと味の浸透をよくする。

 5.一昼夜、下味に漬け込む。

 6.中温で八部通りに火を通し、柔らかさを維持(一度揚げ)。

 7.高温を短時間でカリっと香ばしく、余熱で芯まで火を通す(二度揚げ)。

 

そして決め手は、

たっぷりの油でカリッと香ばしく揚げた豚バラ肉を、黒酢の風味豊かな特製タレで相性良く仕上げています!

価格もお手頃な450円(税別)ですので、ちゃんぽんや天津飯のお供に、もう一品欲しいなという時におススメです。

こんな感じでこだわりつ付けて今日も腕を振るってますので、皆さんのご来店お待ちしてまっせ!

メニュー表はこちらから。