こんにちは、料理長の竹若です。

最近は朝晩はぐっと冷え込んで、冬を感じる日も増えてきました。

寒暖の差が激しい時期は風邪などにかかりやすいもの。温かいものでも食べて、体調には十分にお気を付けください。

さて、今回はいつもと趣向を変えて、店内にある不思議なこだわりの小物たちを紹介したいと思います。

最初はお手洗いにあるこちらです。

 

数年前までは、ごく普通の白い陶器製でしたが、写真のような花柄のボールを直接、信楽で買い付けてきました。ちょっとかわいいと思いませんか?

無垢の木の台も手作りです。 普段、ご利用いただくところなので、少しでも気持ちよくご利用いただけるよう、こんなところにもこわだわって見ました。 ご来店の際は、一度、実物をご覧くださいい。

次はこちら。一見何か分からないかもしれませんが、これは拍子木です。

拍子木とは、読んで字のごとく、拍子を取るための楽器で、一番有名なのは大相撲で鳴らされる「カンカン」というあの音かも知れません。 味があるので店内に飾っています。

どこにあるかはご来店の上、探してみてくださいね。

こちらは写真では絵画のように見えますが、実は日本手ぬぐいを自家製の額に入れたものです。

和装の女性が自転車に乗っているのが少々ユニークなので、けっこう目立つところに飾っています。 これは京都で買い求めました。

和&中で独特な雰囲気になっていると思います。

ラストは玄関にある順番をお待ち頂くとき用の椅子で、通称<おばけ椅子>と呼んでいます。

不思議な形をしていますが、座り心地は中々です。 お店の玄関でお出迎えをしていますので、ご来店の際はぜひ、実物をご覧ください。

等々、私の趣味で集めたこだわりの小物が店内にはまだまだ溢れています。

ご来店の際には、美味しい中華料理と共に、珍しい小物でほっこりして頂ければ幸いです。

今日も皆様のご来店をお待ちしています!