こんにちは、料理長の竹若です。

今回は、いつもとちょっと違って、あるスタッフの思い出をお話します。

一昨日のことです。もう20年前ぐらい前になるでしょうか、留学生として来日し、当店へバイトに来ていたベトナム出身の「チン」という女性が、店に寄ってくれました。

彼女のことは強く印象に残っていたので、とても嬉しかったです。

彼女が務めていたバイト当時は、朝の6時から始業で、餃子部の梱包作業などの雑用を一人で黙々とこなしてくれました。

雨の日も寒い日も休むことなく自転車通勤で、まじめでハングリー精神が強く、笑顔を絶やさない人に好かれるキャラでした。今の日本の若者にはちょっといないようなタイプで、もちろん、店のみんなにも可愛がってもらっていました。

祖国へ帰ってからは時々メールをくれていて、なんと、今は日本語を教える先生をしてるらしいです。さすが、立派なものだと思います。当店でのバイトの経験も役立っていればいいのですが。

そういえば、バイトで来ている時には、本場ベトナムの生春巻きをメニューにしたこともありました。それぐらい思い入れのあるスタッフです。

こういう仕事をしていると様々な人と出会いますが、忘れられない出会い、というものは、本当に素晴らしいものです。

嬉しいので、記念に写真を撮りました。真ん中の女性がそのチンさんです。

 

そんなこんなで今日も元気にお店を開けています。まだ出会っていない皆さんとお会いできることも楽しみにしています!

(ちなみに、当時の生春巻きはこんな感じでした!)