こんにちは、料理長の竹若です。

ほうらいでは、お客様に「美味しい」感動をお届けするため、常に新しいメニューの開発を頑張っているのですが、先日、こんなことがありました。

ある食材が新しく届いたので、調理して試食をしたのですが、

とにかくウマい!

これは新メニューに採用しようと、若手スタッフと味見を重ねているうちに……

その食材を写真も撮らずに二人で完食してしまいました(笑)。

慌てて再度取り寄せて撮った写真がこちらです。

 

 

これは「京丹波大黒本しめじ」です。ご存知でしょうか?

その名の通り京丹波町で栽培されており、京野菜にも認定されているブランドキノコです。

調べてみると、驚きのデータが出てきました。

  1. うまみ成分が松茸の2倍
  2. オルニチンが、シジミの6倍

うまみ成分とは「グアニル酸」で松茸の2倍以上含まれているというだけあって、とてもコクの深い味がします。

オルニチンは、ご存知の通り肝臓に効果のある成分で、疲労回復にも有効と言われています。よくCMなどで「シジミ〇〇個分のオルニチン」などと紹介されますが、このしめじを100グラム食べると、何と「700個分のオルニチン」に相当するとのこと。

松茸並みに人工栽培が難しいというこの「京丹波大黒本しめじ」を使って開発した秋の新メニューが、

 

 

海鮮あんかけ焼きそば(680円/税抜)」です。

オイスターソースとの相性が抜群の絶品料理に仕上がっています。

11月末までの限定メニューですので、ぜひ、美味しくて健康にもいい「京丹波大黒本しめじ」を一度味わってみて下さい。

その味にほれ込んだだけあって、自信の一品、

ご来店をお待ちしてまっせ!