一番だしちゃんぽん 奈良

Live

ほうらいの和風黒豚ちゃんぽんが新生リニューアルし、新たに「一番うまい一番だし」を採用し「一番だしちゃんぽん」として2022年9月1日に新発売しました清湯(ちんたん)一番スープのコク、かごしま黒豚の旨味、180gの多彩な10種の具材。長崎ちゃんぽんをリスペクトしつつ、ほうらい独自の「和風・淡麗・深いコク」を徹底的に追求した、いわば奈良発のちゃんぽんの新しい流派です。もちろん価格は据え置きです。さらに新発売記念クーポンで焼豚入り炒飯がついて定価より安い780円(税抜/税込858円)でのキャンペーンを実施中です(2022年9月限り)。

>舞台裏を語る「料理長が吠える! 01【アドレナリンの出方が違う】」もご参照ください。

味の原点、黒豚清湯スープの「一番だしのみ」使用

清湯(ちんたん)スープとは、弱火でコトコト時間をかけて作る琥珀色の澄み切った中華スープ。契約ファームからご提供頂いた黒豚ゲンコツと国産豚の正肉、5種の香味野菜をふんだんに使い一晩かけて仕込みます。その味の基礎となる清湯スープの最も旨みの強い「一番だし」のみを使用。ただ、スープは煮続けると味が落ちます。そこで最高のスープを常にご提供するため「氷結製法」を採用。最高の素材と最新の技術、そして40年を超えるコックの技が融合したスープが完成しました。

かごしま黒豚の旨味

自社スライスのかごしま黒豚。最初からスライスされた黒豚を仕入れればいいと思われるかもしれませんが、スライス肉はカットした時点から鮮度が落ちていきます。必要な分を必要な時に製造できなければ、せっかくの風味や含まれているビタミンも失われてしまうため、お店で最適なカットを行っています。ブランド豚肉の味わいを最高の状態で味わって頂くために、試行錯誤を重ね、たどり着いた結論です。

180gの多彩な10種の具材

こだわりの具材は、かごしま黒豚、エビ、イカ、ホタテ、キャベツ、白菜、青葱、白葱、菊菜、人参、チンゲン菜の全10種とお肉から海鮮、野菜まで多彩なジャンルから贅沢に投入しました。
ちゃんぽんの醍醐味である具材を十分に堪能頂けます。こだわり続けてたどり着いた具材のベストバランスです。

ちゃんぽんは当店の看板メニューです。40数余年の歴史の中、幾度となく改善と工夫を加え、この秋、黒豚清湯スープの一番だしを採用し、ついに奈良発のちゃんぽんを名乗る覚悟が出来ました。

すでにご愛顧頂いているお客様も全く新規のお客様も、独自に進化した「一番だしちゃんぽん 奈良」をご贔屓にして頂けますようお願い申し上げます。

「奈良でしか食べられない、旨い和風ちゃんぽん『一番だしちゃんぽん 奈良』」

本日もご来店お待ちしております。

(スタッフ一同)