こんにちは、料理長の竹若です。連日猛烈な暑さが続いてますが、夏バテなどはされてませんか?

当店のスタッフも暑さには困っておりますが、毎日元気に中華料理をお届けしています。

さて、今回自家農園からご紹介するのは、薬味としても欠かせないあの野菜です。

写真は取れたての大葉です。サイズが分かりにくいので、はがきと並べてみました。

「大葉(オオバ)」は、正式には「青紫蘇(アオジソ)」と呼ばれています。

この大葉、写真のように本当に手のひらほどもあるのですが、大きさ以外にもけっこう凄い栄養があります。

1.β-カロテンが凄い
他の野菜に比べてβ-カロテンが抜群に多く、β-カロテンは、ニンジンやヨモギよりも多く含まれています。このβ-カロテンは、体の中でビタミンAに変わります。そして、カロテンには抗酸化作用もあり、体にとってとてもいいのです!

2.カロテン以外のビタミン・ミネラルも豊富
そして、それ以外のビタミンB群やビタミンEやKも、ミネラルも含んでいるなど、正に栄養素の宝庫。ビタミン・ミネラルは体の健康維持に不可欠な栄養素なので、大葉は健康維持の為にも非常に有効です。

3.抗酸化作用
紫蘇はご存知の通り、強い抗酸化作用・殺菌作用を持っています。これは紫蘇に含まれるぺリアルデヒドという成分が作用していますが、この暑い夏、食べ物も傷みやすくなっていますので、紫蘇などを添えることで痛みを防いでくれます。

中国では漢方薬としても用いられているという紫蘇。連日酷暑が続いていますが、夏バテを防ぎ、健康を維持するにはぴったりの野菜ですね。

当店ではこの大葉を用いたメニューも提供していますので、ぜひ、一度ご来店ください!