※今回は知り合いの編集のIさんにお願いしてスープの試食をお願いした様子を対談形式でお伝えします。

--こんにちは、今日はよろしくお願いします(編集I/以下略)

こんにちは、今日はちょっと変わったお願いになりましたね(料理長・竹若/以下略)

--いえいえ、楽しみにしてきました。和風ちゃんぽんのファンだったので、楽しみにしてきました。

以前は毎週来てくださってましたね。

--仕事が変わってしまったので、すみません(笑) 

では、さっそく、和風ちゃんぽんを味わって頂きたいと思います。

--スープだけなんですよね。

そうなんです。正確には具も入れてますが麺なし「和風ちゃんぽん」ですね。

--麺なし(笑) でも、それだけスープが変わったということですね。

はい。まずは、こちらをどうぞ。

--おいしそうですね。では、スープを……あ、分かります。

??

--スープの香りがとても濃厚です。和風だしの風味がしっかり感じられるというか。香りだけで変わったのが分かります。この湯気からの香りが違うんです。

そうですか。私は毎日作っているので気づきませんでした。

--では、頂きます。

--すごく濃厚ですね。ただ最初はスープの香りが良くて、口当たりがいいんです。それが、喉を通ると何とも言えない風味が広がりますね。

 

(さらに試食)

 

どうですか? 前の記憶とは違いますか?

--違うんですが、似てるところも多くて……言葉にするのは難しいですが、濃厚が売りのラーメンのような濃厚さではなく、あっさりとした口当たりの中に素材の旨味が広がるというか。こう、広がりのある濃厚さなんです。

「広がり」ですか。

--そうです。例えば、濃厚豚骨スープだとこの味で押し切る、みたいな感じがしますが、和風ちゃんぽんは、ダシをベースに様々な素材が感じられる自然な「濃厚さ」なんですね。

そういって頂けると嬉しいです。実は、前回も紹介していますが、製法をずいぶんと変えました。

--確か、6回とれるスープを4回にまで減らされたとか。

そうなんです。ベースとなるスープの濃度を上げたうえ、味の肝となるバラ肉を2倍に増やしました。これももっと安い肉でも十分なんですが、そこは選び抜いたバラ肉にこだわっています。さらに返しダレも工夫しています。

--返しダレとは何ですか?

返しダレとは、簡単に言えば、香味野菜や豚肉を入れて煮込んだ特製の醤油のことです。この和風ちゃんぽんのスープは、ベースとなるスープに返しダレを合わせて完成品スープになっているんです。

--スープの味付けの為の醤油も煮込むんですか。すごい手間ですね。

和風ちゃんぽんを美味しくしようと思っていたら、こんなになっていました(笑) もちろん、化学調味料や保存料も使ってません。

--すごいですね。では、具材も頂き来ます。

--この具材の豚も美味しいですね。

これもブランド豚で鹿児島の茶美豚(ちゃーみーとん)を使用しています。私も食べ比べましたが、これが一番しっくりきました。

--今日は正直、スープだけだと残念だと思っていたんですが、結構食べ応えがあります。このホタテも味がしっかりしてます。

180gのたっぷり野菜・具材を使ってますので、普通に具の多いスープとして楽しんで頂けるかと(笑)

--ごちそうさまでした。完食です。

印象はどうですか?

--すごく変わりました。濃厚さの中に広がりのあるスープ、多彩な具材の旨味が味わえました。結構ラーメンは食べ歩きしますが、この味は「和風ちゃんぽん」でしか味わえないと思います。

そういって頂けると嬉しいです。今日はありがとうございました。

--こちらこそ、ありがとうございました。次はぜひ「麺あり」でお腹いっぱいになりたいと思います。

ご来店、お待ちしています(笑)

(2月某日/ほうらい店内にて)

 

以上、取材記事でした。2月中はクーポンも利用できるので、ぜひ、「麺あり」ちゃんぽんをワンコイン500円で召し上がって下さい!