こんにちは、料理長の竹若です。

3月に入ってようやく暖かくなってきましたね。

春はすぐそこ、桜の開花も楽しみです。近くの馬見丘陵公園でも毎年春はにぎわっています。この公園は、花に力を入れていますので、公式ホームページには「馬見花便り」なるページもあります。もしご興味があれば、以下のページから見てみてください。

馬見丘陵公園館 ホームページ

さて、今回は当店の菜園で取れた水菜のご紹介です。

奈良でも良く冬の野菜として口にする機会がある水菜ですが、原産は京都だといわれています。そのため、関西では古くから親しまれてきた野菜ですが、関東では最近になって広く出回るようになったようですね。

京都の伝統野菜でもあるので、京菜とも呼ばれているらしいです。奈良県民からするとちょっと対抗心(?)が沸く呼び名ですね。

水菜はビタミンCが多く含まれており、緑黄色野菜でもあるのでβカロテンも豊富に含んでいます。他にもカリウムやカルシウムなども含まれているので、不足しがちな栄養素をまとめて取れる優秀な野菜です。

普段はお鍋や煮物、サラダなどで食べられる野菜ですが、当店では、主につけ麺やねぎ味噌ちゃんぽんで使用しております。独特のシャキシャキ感と風味が楽しめますので、ぜひ、一度味わってみてください。

冬の野菜とは言われていますが3月いっぱいまでは路地ものでも収穫できます。まさに今が旬の野菜ですね。

ちなみに、名前の由来は、京都にある東寺九条で肥料などを使用せずに、水や土だけで栽培されていたことからだと言われているそうです。

なかなか力強い野菜ですので、ぜひ、そのパワーをもらって、本格的な春の到来を待ちたいですね。

では、今回はこの辺で。ご来店お待ち手います!

-------------------------------

餃子キャンペーン中 → 詳しくは こちらの記事をご参照ください

-------------------------------