こんにちは、料理長の竹若です。

おかげさまで大好評をいただいている「新・もち豚入り和風ちゃんぽん」ですが、
ここで、もち豚について、おさらいを

もち豚……
最大の特徴は豚肉特有の臭いがなく、脂身がとろける様でいて、かつ、とてもサッパリしていて甘みがあります。そして、老化防止や疲労回復を助け効果や、高血圧を予防する等の効果があるといわれている「ビタミンE」が大量に含まれています。

いや~試食で何度も食べましたが、確かにオシシイ! そこで、もち豚をつかってまかない料理を作っちゃいました。

名付けて「もち豚の生姜焼き」。名前はフツーですが、もちろん、大旨でした!

 

 

【材料】

もち豚(3~4㎜スライス)、玉葱スライス(8㎜程度でもち豚と同量)と付け合わせに緑黄色野菜を少々。

【調理方法】

1.みりん、醤油、砂糖、味の素、コショーと生姜のすりおろしを準備しておく。

2.中華鍋(フライパン)を空焼きした後、多めの油をとってなじまし、一度返した後適量を鍋にとる。

3.もち豚を入れてスライスの重なりをなくすようにひと振りし、まだ赤みが残る状態で玉葱を入れ火を通す(やや高温)。

4.ここへ1.を入れ、全体に味をなじませる。

5.1分程度で火を止め、緑黄色野菜を敷いた皿に盛り付ける(長く炒めると肉が硬くなり、野菜の食感が損なわれるので注意)。

6.ビールと共にいただく!

てな、感じです。

スタッフ間でも大好評でした。内輪のスタッフだけでこんなおいしいものを食べていいのでしょうか!? 

また、美味しければより洗練させてメニューに加えてみます。

今日は雨模様ですか、本日もよろしくお願いします!