「や、ヤバイのができてしまった!!」それが私の最初の感想です。

はじめは、例によって新メニュー開発に試行錯誤を繰り返していました。

特に、汁なし担々麺は、私肝入りのメニューでとにかくウマいと思っていました。

これをアテすれば、ビールがいくらでも進むほど…しかし、ちゃんぽんやつけ麺と比べるとどうしても2番手、3番手の印象が否めません。

 

さらに汁あり担々麺がメジャーなこともあって、これまでは隠れ人気メニューといった位置づけでした。

実は、本場中国では、汁なし担々麺の方がはるかによく食べられていて、皆さんが想像するスープに浸かった担々麺は、名門中華料理店「四川飯店」で有名な陳建民氏が、日本時に受け入れられるようにアレンジしたのが元祖と言われています。

餃子も本場は水餃子ですし、やはり、その辺は文化によって好みが違うのかも知れません。

 

話は横道にそれましたが、そんな私の一押しメニューの「汁なし担々麺をトップに持ち上げるにはどうすればいいか?」を考えていたころ、

私は鹿児島県産黒豚に出会ってしまいました。

このようにバラ肉から、原材料を作って試食してみたのですが。

別・次・元

言い方は悪いですが、「今までの味は何だったんだ」というほどのウマさ!

さらにそこからさらに改良を重ね「鹿児島県産黒豚100%極旨肉味噌」を完成させました。

(この肉味噌、一度食べ始めるとやめられない止められない旨さ。思わず自画自賛してしまいました)

これがモチモチ・ツルンとした特製麺に絡んで絶妙なハーモニーを味わえます。

そういうわけで、よくある胡麻ペーストなどには頼らず、肉味噌一本勝負メニューです! 

【本場四川成都式】黒豚・汁無し担担麺(780円・税別) …この癖になる味、一度、いかがでしょうか?

ボリュームも見た目以上にバッチリ!

 

実は最後にまだあります(笑)

本メニューには下記の豊富な薬味が付属してきます。ラー油や実山椒、辛ネギ、ザーサイ、レモンなど、

味の変化が楽しめるアイテムが豊富です。

と、いうわけで、お盆のラストに、刺激的な新メニューで来週からの英気を養っていただければ幸いです。

今日もご来店お待ちしております!