こんにちは、料理長の竹若です。

今日は手前味噌になりますが、Googleなどで検索しても出てこない(!)というオリジナルメニューをご紹介します。

その名も「もつキムチちゃんぽん(もつ入り豚キムチちゃんぽん)」です。ちなみに「もつキムチちゃんぽん」でで検索すると当店の記事が最初にヒットします(笑)

今回改めてご紹介するのにはちょっと訳があります。

実は、メインとなるキムチの仕入れ先を変えて美味しくなったことは、先月紹介しています(詳しくは「本場キムチの実力 ~口にした瞬間にわかってしまう」をご覧下さい)。この記事でも触れていますが、日韓摩擦も吹っ飛ぶ旨さで、これだけでも十分ご飯三杯はいます。

しかし、そんな激ウマキムチですが、料理人のサガで何回も作っていると、火を通すとダシとの絡みでどうしても味が変化する部分に気がつきました。こうなってしまうと、もう気になって仕方ありません。

そこで、それこそネットで探して(!)みると、やはりヒントが見つかりました。今回は「旨いキムチをさらに旨くする方法」のご紹介です。

結論から言えば、写真の本格コチュジャン・青森県産ニンニク・純正ごま油を加え、長年の感を使ってバランス良くミックスすることで、確実にレベルアップしました。いや、したと思います。思うんですが……出来れば食べてみて下さい(笑)

個人的には100%から120%ぐらいは旨くなったと思っています。

ここで話は元に戻って、このキムチを使った「もつキムチちゃんぽん 」になりますが、本当に他店のメニューにはない唯一無二の「ほうらいの味」です。

「もつ」という個性から、通常の「和風ちゃんぽん 」には売上は及びませんが、これだけ熱を入れて語っているのを納得して頂ける味です。やはりウチにしか無いので固定ファン方も多く、とてもありがたく思ってます。ぜひ、「もつ」X「キムチ」X「ちゃんぽん 」の魅惑の世界へお越し下さい。

ついでに宣伝させて頂きますと、単品で「もつキムチ」というメニューもあり、こちらもビールが止まらない逸品に仕上がってます。

これから寒くなってくると、ホットな料理も美味しくなります。皆さんにお越し頂けるよう、今日もスタッフ一同熱い思いで営業中です!