こんにちは、料理長の竹若です。

突然ですが、最近、水餃子を食べられましたか?……余りいらっしゃらないようですね。

「餃子はよく食べるけど、水餃子はごくたまにしか食べないです」という声が、どこからか聞こえてくるようです。

本番では餃子といえば水餃子という話は何度も書きましたが、まだまだ中華料理界(?)では、メジャーでは無さそうです。

というようなことを書いてしまうと、続きが予想できますね! 新メニューとして提供している名古屋コーチン水餃子のPRなんです。

実はこの餃子、すこし前からメニューに載せていだのですが、ジワジワと注文が増えているのです。

特に広告も出してないので、やはりこれはこのメニューの味がいいのかなと(笑) 手前味噌ですが、本当に美味しいんです。

なんと言ってもポイントはやはり名古屋コーチンです。名古屋コーチンの肉質は弾力があって歯ごたえがあり、独特の「こく」が感じられる旨みがあります。昔ながらの「かしわ肉」の味に通じる、まさに日本人好みの「旨味」を持った国内屈指のブランド鶏です。

これにエビと帆立のすり身を合わせ、

 

専用の皮で包んで仕上げます。

ツルんとした舌触りで、絶妙なコクを味わって頂けます。甜麺醤(てんめんじゃん/中華風甘味噌)でアクセントをつけたので、食べ飽きない味に仕上がってます。

これまで餃子と言えば焼き餃子、という方こそ、ぜひ、お試し頂きたい逸品です。ひょっとしたら皆さんの餃子の世界観が変わるかも!?︎

それはちょっと大袈裟ですが、今日もあったかい料理をご用意してお待ちしております!

どうぞお越しやす!