こんにちは、料理長の竹若です。

わたしには、昔からこんな夢がありました。

お客さんをうならせるような、夢にまで出てくるような餃子を作りたい。
素材の旨味を生かした本物の味を追求し、日本人の口に合うあっさりと上品な味わいで楽しませたい。
昔ながらの調理方法の良さを基本としながらも、より良い製法を追い求め学び作りたての美味しさを届けたい。

そんな思いで気が付いてみればコックになって40年。ずいぶん時間がかかってしまいましたが、ついに納得のいく餃子を完成させることができました。

それが青森県産にんにく入りの「大夢」です。

これは、まさにギョーザ革命と呼びたい3つの技術を投入しています。

一つは、素材の配合比率です。厳選した野菜や肉を最適なバランスを研究に研究を重ねた結果、素材の旨みを最大限に引き出せるこの配合に行きつきました。これは正に「黄金比」と呼びたい一つの完成形です。まだまだ進化させるつもりですが、2018年のほうらいの到達点をぜひ、実感してください。

二つ目は、化学調味料・保存料の無添加にこだわったこと。これはいくら美味しくても、健康に心配があったのでは食の原点からかけ離れてしまいます。美味しいからこそ安心して一杯食べて頂きたい。化学調味料に頼れば簡単な味も、自然の旨みで実現するには随分研究が必要でしたが、ようやく納得のできる味に仕上がりました。

三つ目は、製法です。最高級の小麦から作るモチモチした皮の実現、通販では作り立ての味を保存する急速冷凍装置、さらにお店においては絶妙な焼き加減、これらすべてにコックとしての経験とプライドを投入してベストな餃子を提供できるようにトコトンこだわりました。

全ては、お客様に本物の餃子を味わって頂くため。

今回は宣伝になってしまいましたが、本当に自信を持っておススメできるメニューができたと自負しています。

果たしてギョーザ革命は成功したかどうか? ぜひ、お客様の舌でご判断下さい。

ご来店お待ちしています。

通販でも特価でご購入可能です!